ニュース関係

炎上狙いで歴史云々言うな! ~ポスト真実物書き似非評論家を糾弾する~

投稿日:

新春早々腹立たしい記事を見てしまった。かねてはいちいちこんなものに反応しないのだが、ちょっと書かせていただく。これも世の中がおかしい方向に行っている一つの現象か?
皆さんこれをご覧いただきたい。

「西郷どん」は本当に立派な人物だったのか
2018年NHK大河主人公の「がっかりな実像」

http://toyokeizai.net/articles/-/202622

これを書いた人は、「薩長史観」なるものに世の中の人はだまされ支配されてきたといい、明治維新の偉人とされている人たちはことごとく「テロリスト」「殺人者」などと評しているトンデモ歴史家である。トランプ大統領選挙の時に雨後の筍のように出てきた「ポスト真実」屋さんと同類のようだ。

この記事をNHK大河ドラマ「西郷どん」の第一回の前日にリリースする。東洋経済さんも炎上狙い見え見えでいやらしい。

しかしながらこの記事に対するコメント数は現在のところ大したことはなく落ち着いている。もともとあんまり歴史を知らない人をだまそうとしてに書いているんだろうが、突拍子すぎで「ぽかーん」なのだろう。残念でした。ま、私もリンクを張って一躍買ってしまったが。

この記事に指摘されている細かいことを一つ一つあげつらい反論することもできるが、こんなことに時間かけたくないからしない。そもそも歴史の事実は一つだけれども、真実とよばれるものは見方によって複数通りあるのであって、都合の良い解釈によってだいぶ変えられているものだ。この人の解釈だって事実と通説、伝承、うわさすべてないまぜにして悪人に見えるエピソードを集めて炎上しやすくまとめてあるではないか。

隣の国と外交問題になっているのもしかり、いつまでこんな下らんことをしてるんだ。

こいつら、先人の流した血と涙の上に生かされている後の世の我々は歴史から何を学んでどう生かすべきか真面目に考えてない証拠だ。歴史の新解釈などとのたまっていい加減なことを書き、これまで維新の偉人を心の支えに生きてきた人たちのプライドをずたずたにして今の自分が利益を得ようとしているだけではないか。

過去に学んで未来へ進めるようしっかり考えよ。

-ニュース関係

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

適応障害が多く発生している原因とは ~インターネットと不寛容社会~

適応障害とはなにか パタッ,と会社に来なくなって,「あの人どうしたんだろう」と思ったら「適応障害」という診断がくだった,などという話をよく聞くようになった。 適応障害というのは「ストレス因により引き起 …

no image

「地域」とはなにか。~現代社会の問題を解決するキーワード~

地域福祉、地域包括支援、地域連携センター、地域包括ケアシステム。地域コミュニティセンター・・・ 我々が住んでいる地域。今、少子高齢化が急速に進行する日本において、「地域」という概念が最も重要なものとな …

no image

東名あおりデマ書き込みで家宅捜索のニュース感想 ~やっとここまできたか~

 福岡県警が12月22日、神奈川県の東名高速道路で6月に起きた静岡県の夫婦死亡事故を巡り、起訴された男とは無関係の会社経営男性が親族であるとのうその情報をインターネットに流したとして、名誉毀損(きそん …

no image

日大アメフト反則事件に見る日本型組織の問題点 ~忖度悪事はまだまだ発生する~

 日本大学アメフト部の反則事件は、監督とコーチの関東学生アメリカンフットボール連盟による除名処分をもって一通りの決着を見た形となった。「つぶしてこい」という指示が「負傷させてこい」という意味であったか …

no image

【森友問題】佐川元長官の証人喚問不発は日本の危機を暗示する ~忖度で構成される社会を正面から見よう~

 27日の佐川元国税庁長官の証人尋問は、「刑事訴追の可能性がありますので・・」でほとんど逃げられて何もわからなかった。これは与野党のみなさんの予想通りであったと思う。首相と首相官邸からの指示はなかった …