ニュース関係

炎上狙いで歴史云々言うな! ~ポスト真実物書き似非評論家を糾弾する~

投稿日:

新春早々腹立たしい記事を見てしまった。かねてはいちいちこんなものに反応しないのだが、ちょっと書かせていただく。これも世の中がおかしい方向に行っている一つの現象か?
皆さんこれをご覧いただきたい。

「西郷どん」は本当に立派な人物だったのか
2018年NHK大河主人公の「がっかりな実像」

http://toyokeizai.net/articles/-/202622

これを書いた人は、「薩長史観」なるものに世の中の人はだまされ支配されてきたといい、明治維新の偉人とされている人たちはことごとく「テロリスト」「殺人者」などと評しているトンデモ歴史家である。トランプ大統領選挙の時に雨後の筍のように出てきた「ポスト真実」屋さんと同類のようだ。

この記事をNHK大河ドラマ「西郷どん」の第一回の前日にリリースする。東洋経済さんも炎上狙い見え見えでいやらしい。

しかしながらこの記事に対するコメント数は現在のところ大したことはなく落ち着いている。もともとあんまり歴史を知らない人をだまそうとしてに書いているんだろうが、突拍子すぎで「ぽかーん」なのだろう。残念でした。ま、私もリンクを張って一躍買ってしまったが。

この記事に指摘されている細かいことを一つ一つあげつらい反論することもできるが、こんなことに時間かけたくないからしない。そもそも歴史の事実は一つだけれども、真実とよばれるものは見方によって複数通りあるのであって、都合の良い解釈によってだいぶ変えられているものだ。この人の解釈だって事実と通説、伝承、うわさすべてないまぜにして悪人に見えるエピソードを集めて炎上しやすくまとめてあるではないか。

隣の国と外交問題になっているのもしかり、いつまでこんな下らんことをしてるんだ。

こいつら、先人の流した血と涙の上に生かされている後の世の我々は歴史から何を学んでどう生かすべきか真面目に考えてない証拠だ。歴史の新解釈などとのたまっていい加減なことを書き、これまで維新の偉人を心の支えに生きてきた人たちのプライドをずたずたにして今の自分が利益を得ようとしているだけではないか。

過去に学んで未来へ進めるようしっかり考えよ。

-ニュース関係

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【森友問題】佐川元長官の証人喚問不発は日本の危機を暗示する ~忖度で構成される社会を正面から見よう~

 27日の佐川元国税庁長官の証人尋問は、「刑事訴追の可能性がありますので・・」でほとんど逃げられて何もわからなかった。これは与野党のみなさんの予想通りであったと思う。首相と首相官邸からの指示はなかった …

no image

”女性と仕事”でググってみた。 ~家庭と仕事の両立とかワークライフバランスってほんとにできるのか~

■ ”女性と仕事”で検索したら この記事が目についた。 (フランス女性はなぜ仕事を続けられるのか 「母親の仕事」がやたら多い日本と大違いhttp://toyokeizai.ne …

no image

竹下亘自民党総務会長「いわなきゃよかった」発言から見えること

■ 自民党幹部の差別発言 自民党の竹下亘総務会長が、「同性パートナーが、天皇、皇后両陛下主催の宮中晩餐会に出席するのは反対」という意見を述べたところ、各方面から反発が相次ぎ、反省を表明したニュースがあ …

no image

【南北融和】金正恩と文在寅が手を組む ~日本がつけを払う時が来た~

金正恩と文在寅が手をつないで板門店の国境を行き来するちょっと前からすると冗談みたいな映像がテレビで流れている。日本国民はあっけにとられてコメントもしようがないからテレビは別な話題でお茶を濁しているよう …

no image

「女性は土俵から降りてください」問題 ~謝罪したり伝統を守ると言ったり。きちんとけりをつけよ~

 先週、京都府舞鶴市で開催された大相撲の春巡業で、土俵上で挨拶をしていた市長が突然倒れられるというハプニングが発生。横たわる市長を取り囲んでおろおろする男性関係者をしり目にさっと救命処置を施した女性に …