ニュース関係

大河ドラマ「西郷どん」はじまる ~薩長史観云々いう連中はつまらん~

投稿日:

2018年のNHK大河ドラマ、西郷隆盛を描いた「西郷どん」(せごどん)が始まった。島津斉彬との出会い方や島津斉彬と父親である島津斉興が対立する様子、島津斉彬に洋服を着せて登場させるなど西洋の事情に詳しい様子の演出などはこれまでになかった斬新なものだったと思う。島津斉彬のキャラクターを伝えるうえでは視聴者にもわかりやすかったのではないか。

地元鹿児島での視聴率が30%を超えていたというのも、「西郷どん」にいかに期待をかけているかわかろうというもの。前回10年前2008年の「篤姫」の時より描かれる内容の鹿児島色が強いため鹿児島県民は盛り上がっている。

さてその盛り上がりに水を差しているのが、「薩長史観」なる言葉を使い、明治維新の立役者たちをテロリスト扱いしている本である。以下、今ネットに広告が出てるのをを下記にリンクを貼っておく。

薩長史観の正体 武田鏡村 著

明治維新の正体――徳川慶喜の魁、西郷隆盛のテロ 鈴木壮一著
https://bookmeter.com/books/11624126

教科書でしか歴史を知らなかった人に対して、けっこうじわじわ来ているような雰囲気である。ちょっと前にはやったポスト真実であり、だまされやすいのもわかる。

長年、幕末の歴史を研究してきたまともな研究者の人たちが一瞥もしていないことからもわかる通り、フェイクニュースの類なので相手にしないのがよろしい。信じてはいけない。どうしても疑問なら図書館、博物館、現地史跡へ赴き、ちゃんと自分で調べて自分なりの考えを作ってから発言してほしい。「真相はこうだ」などというが歴史ってそもそも誰も見たことのある人いないのだし真相はわからないのだから軽々に自分の都合のいいように「真実はこうだ、みんな騙されている」的なことを言うのはやめてほしい。

さて筆者的には、島津斉彬の影響を強くうけた西郷の一生を描くこのドラマに期待感を持っている。特に島津斉彬の描きかたはよい。西欧列強がアジアを次々と植民地にしてきている事実を当時の薩摩は日本のどこよりも先に知っていた。地理的に南に開けており、島づたいに琉球までつながっていたことといたことから東南アジアや中国大陸からの情報を琉球の使節を通じて定期的に知る立場にあったということと、「蘭癖」と呼ばれた曾祖父島津重豪にかわいがられた影響も大きかったということもある。

外国船もたびたび近海に出現し、鹿児島県宝島ではイギリス人が上陸して牛を盗む事件がありそのイギリス人が役人に射殺されるなどの事件も起こっていた。生麦事件と浦賀の黒船だけではなかったのだ。なので当時の薩摩藩には危機感があった。幕府云々朝廷云々はその次の話。

「このままではいずれわれわれも西欧列強の植民地になるに違いない。日本を強くて豊かな国にしなければ。」

これが最初の動機だ。「侵略とテロが悪」というのは21世紀になった現代の価値観であって当時の日本にそんな概念はない。ただ目の前にある海の向こうからやってくる軍艦に支配されまいと必死になっていたのである。丸腰ではまったく交渉にならないではないか。

明治政府のスローガン、「富国強兵」は島津斉彬が安政5年(1858年)日米修好通商条約の締結をめぐる議論の中で幕府に書いた建白書の中に初めてその意味するところの文言が出てきた言葉である。
この建白書の中で斉彬は「大砲・軍艦など海防の備えが不十分であるため戦いを避けて締結すべし」としその上で、日本を守るため

「第一人和、継テ諸御手当」

と、海防手当などよりも人の和を大切にするように説いた。旧来の悪弊を改め、富国強兵策をとって強く豊かな国造りを目指し、身分の上下に関わらず一丸となって、海防を整えるように」と建言している。ただ海防を強化するのみならず、豊かな国造りをして、日本の人々が手を取り合って協力することの必要性訴えたのは斉彬の独特の考えであった。

薩摩のみならず日本全体のことを考え一致してを西欧列強から守ろうとしていたのだ。そこには幕府を打ち負かし自分だけが利益を得ようという邪な考えはない。そういえば、「思無邪」(しむじゃ:思いよこしまなし)という斉彬の有名な書があった。

上述で紹介した本の著者は、薩長史観を

”「勝者が歴史をつくる」ということであり、「薩長=官軍=開明派」「旧幕府=賊軍=守旧派」という単純な図式で色分けされた歴史観だ”

と断じるが、論点がちがうところにずれていると思う。いまごろになって薩長と幕府どっちに正義があったかなんて論じることに何の意味があるのだろう。

これら著書に専門の歴史研究者からなんら反論すらされないのはこういう理由があるからなのだろうと思っている。踊らされるのはネットのエコーチャンバーの中でワーワー言っているフェイクニュースに騙されやすい人たちなのだろう。

かってにやってればいい。

-ニュース関係

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

安倍晋三にたやすくかわされる民進党の元法相「エンゲル係数」騒ぎ~あさましき情報戦に幻滅する~

 1月31日の衆議院予算委員会質疑で民進党の小川敏夫・元法相が、エンゲル係数をあげ政権批判をおこなった。小川元法相がアベノミクスによって国民生活が苦しくなっていることを表すデータを挙げ、「生活の豊かさ …

no image

オウム死刑囚、刑執行 ~事件に区切り、なぜ若者は信者に~

 オウム真理教が引き起こした一連の事件に一つの区切りがついた。麻原彰晃こと松本智津夫被告ら教団トップら7人の死刑が6日、地下鉄サリン事件発生以来23年数カ月の時を経てついに執行された。 今回のこのニュ …

no image

「働き方改革」は「働かせ方改革」。日本のサラリーマンは、このままで生き残れるか。~

 国際的な競争力を上げるべく労働生産性を上げる「働き方改革」が国を挙げて進んでいる最中である。  ところが、主に残業時間と残業手当が減らされる方向に強力に進んでいるように見受けられ、サラリーマンの収入 …

no image

【森友問題】佐川元長官の証人喚問不発は日本の危機を暗示する ~忖度で構成される社会を正面から見よう~

 27日の佐川元国税庁長官の証人尋問は、「刑事訴追の可能性がありますので・・」でほとんど逃げられて何もわからなかった。これは与野党のみなさんの予想通りであったと思う。首相と首相官邸からの指示はなかった …

no image

また北朝鮮から弾道ミサイル~今度は日本上空を飛び越えた~

■ 早朝、ミサイルに起こされた。 8月29日早朝、北朝鮮がミサイルを発射した。テレビを見ていたらいきなりJアラートの画面がでてきたのでびっくりした人も多いと思う。 防衛省の発表によるとミサイルは午前5 …