ニュース関係

介護休業制度の義務付けと在宅介護の推進~高齢化社会への対応はまだまだ道半ば~

投稿日:

 医療の発達で昔なら亡くなっていた場合でも生きられるようになってきた結果、社会保障費が余計にかかるようになってしまった。

年金をもらう、介護が必要な人は介護保険、医療の必要な人は医療保険が使われる。症状や要介護度によるがトリプルで使えば月当り相当高額な金額が支払われる。各種報道によると国の借金は過去最高となり1,085兆円だといいその主な要因としてやり玉に挙げられているのが社会保障費の増大だという。消費増税をやりやすくするための下地作りのプロパガンダか。ま、事実だからしょうがないが。

だから国はなるべく入院させないように、在宅で看護介護するよう制度を整えつつあり、状態の重い人を在宅で看護介護すればするほど報酬をさらに高くするなどした来年度の診療、介護報酬改定の詳細な内容(社会保障審議会の諮問に対する答申)を発表したばかりだ。

しかしいくら訪問看護や訪問介護するといっても、だれか家族が一緒にいなければならないから、家族に介護対象者がいれば介護休業もしくは短時間勤務となる場合がほとんど。フルタイムでは働けない人がいっぱい出てくる。家計も大変になる。各都道府県の労働局の強力なる指導によって各企業は介護のために人が辞めてしまわないよう就業規則は整備させられており、していないところには罰則すらあるが、介護休業制度とはこうして給与が目減りした分どうするかなど全く考えられていない。ノーワークノーペイで構わないことになっている。

そこは雇用保険の介護休業給付金を使えということなのだが賃金日額の67%が、93日を限度に3回まで支給ということにとどまっている。介護って普通ずっと続くと思うのだが、どこかの施設に入れるか介護療養病棟に入院させるかまでのことを想定しておられるのではと思う。これは在宅で介護なさいという政策に矛盾している。賃金日額の67%というのも少ない。もともとの賃金日額が少ない人は生活できなくなるのではないか。要介護度にもよるが介護用品などにも結構お金がかかるものだ。税額控除や自治体によって補助制度もあるがおむつは介護保険制度の適用外だ。

かたや「介護離職ゼロ」などと一億総活躍社会を推進するスタイルをとりつつ、かたや在宅介護を推奨する2つの矛盾した政策は、家族労働者を困窮させ新たな社会問題を創出するだろう。いや、もうすでにそうなっているのかもしれない。

人命が失われないようにするのに金がかかりすぎて、国の財政を圧迫しているというのが残念ながら事実だ。

どうしてもここで「楢山節考」https://ja.wikipedia.org/wiki/楢山節考
が思い出されてしまう。

「金がないからムラの衆、助け合って生きてくれ」

ということか・・・・。

参考:地域包括ケアシステム 厚生労働省
www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/kaigo_koureisha/chiiki-houkatsu/

-ニュース関係

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

”女性と仕事”でググってみた。 ~家庭と仕事の両立とかワークライフバランスってほんとにできるのか~

■ ”女性と仕事”で検索したら この記事が目についた。 (フランス女性はなぜ仕事を続けられるのか 「母親の仕事」がやたら多い日本と大違いhttp://toyokeizai.ne …

no image

雇用する側はなぜ差別するのか ~東京医大入試操作、単純な問題ではない~

様々な議論を呼んでいる東京医科大学入試結果操作問題。 女性が合格しにくいようにしていた。 これはまずい。内容は以下の通り。 ①一般入試の得点を、決まった計算式を使って加減し、女子合格者を抑制していた。 …

no image

「働き方改革」は「働かせ方改革」。日本のサラリーマンは、このままで生き残れるか。~

 国際的な競争力を上げるべく労働生産性を上げる「働き方改革」が国を挙げて進んでいる最中である。  ところが、主に残業時間と残業手当が減らされる方向に強力に進んでいるように見受けられ、サラリーマンの収入 …

no image

バニラエア問題で思うこと

 新聞は地元紙を取っているんだけど、ニュースはもっぱらラジオとスマホからである。 6月最後の週にまた、問題になりそうな朝日新聞の記事が朝のニュースに飛び込んできた。バニラエア関空-奄美大島線問題。 & …

no image

核のゴミ説明会に”サクラ”だと? ~NUMOを監視しよう~

■原発関係説明会での不祥事、また発生 当ブログは、日本のエネルギー問題に関する話題も扱っている。 NUMOが10月より全国46都道府県庁所在都市で開催している「科学的特性マップに関する意見交換会」。こ …