ニュース関係

【働き方改革】サラリーマンの副業を考える【tool+】

投稿日:

ブログで副業(イメージ)

■働き方改革における副業の位置づけ

厚生労働省は平成30年1月にモデル就業規則を改定、それまで標準的な日本の就業規定で あった労働者の遵守事項、「許可なく他の会社等の業務に従事しないこと。」という規定を 削除した。そして同時に「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を発表、企業が副業 を許可する際の考え方の基準を示している。

政府で働き方改革を推進するにあたって、「柔軟な働き方を整備する」ということの必要性 が厚生労働省を中心に検討されてきた結果の第一弾がこのような形になったが、企業での 普及状況は今一つのようだ。

パーソル総合研究所が、昨年従業員10名以上の企業の人事担当者を対象に実施した「副業 実態・意識調査結果【企業編】」によると、全面的に許可している企業はわずか、13.9%に とどまっている。何らかの形で副業を認めている企業は50.0%、全面的に禁止している企業が50.0%だった。このアンケートの結果によると86.1%、つまりほとんどの企業は副業を全く認めていないか、消極的認可にとどまっていることがわかっている。

■正社員の半数は副業をしたいと思っている

また、同アンケートによれば、正社員のうち、既に副業を行っている人の割合が10.9%。これから始めたいと思っている人が41.0%という結果もでていた。正社員の約半数は副業をしたいと考えていることになる。本業優先派と副業推進派は半々といったところで大きく2分されている状況が見えてきた。副業の実行にためらいがあるのだ。

副業推進派も「副業をしたいが、かといって本業をおろそかにはしたくない」と思っているのではないだろうか。

■副業では本業ほど稼ぐことができないのか

「副業」に関係したキーワードとしてインターネットで検索されている言葉を調べてみると、

  • 「確定申告」
  • 「年末調整」
  • 「ばれない」

等のワードが多く出てくる。意外ではあるが「稼ぎ方」を検索している人よりも、「稼いだ後の処理」を調べている人が多いことがわかる。

ここから想定できる副業の実態はこうだ。

「在宅で結構稼いでしまったが、会社にばれないようにする方法はないのか。」

ということを調べている人が多いのだ。このことからも「サラリーマンが副業で確定申告を心配するほど稼いでいる」人が多くいるという実態がわかる。

「tool+」(サイドライン株式会社)という製品がそれだ。

■副業で稼ぐ方法の代表格「ブログで広告収入」

ここでサラリーマンの副業が「ここまで進化している」という実態をご紹介しよう。従来から「ブログで広告収入を得る」という方法はあったが、ここにも働き方改革で生産性を上げる工夫が絶え間なく行われている。

■「tool+」とはなにか

当ブログ「オニオンの-ピッ-とした意見」は、Googleアドセンスを利用している。当ブログのような単一テーマ型のブログがGoogleアドセンスを利用するにはGoogleの審査に通過することが必要となる。

審査を通過するにはいくつかの条件があり、内容の質と量がともなわなくてはならない。その条件を通過させるために筆者も3カ月くらいかけてベースの記事を書き続けた経験がある。

審査を通過するのは第一関門に過ぎない。そのうえできちんと収益が出るようにするには世間の脅威を集めるためブログの内容はもちろんのこと更新の頻度も大切で、これらをきちんとクリアして、ある程度アクセス数が集るかどうかという感じ。このようにブログの運営というのは決して楽ではない。

「tool+」はこうしたブログ運営の「結構大変な」部分の自動化を実現したツールなのだ。筆者が苦労したGoogleアドセンスの審査通過も「tool+」を使えば高確率・短期間で通過する。

■ブログ作成の生産性を飛躍的に上げる様々な機能

当ブログは「少しでも世の中が良くならないか考えたこと」をテーマにするブログだ。こうしたテーマ性のあるブログはそれなりに良いのかもしれないがともすると「自己満足」に終わってしまいアクセス数は集まらない傾向にある。

副業として収益を目指すのであればアクセス数を増やさねばならない。アクセス数を増やすには「求められているものを提供する」という一言に尽きる。

自分で求められているものを探してまとめて、自分なりの考察を加えてから書くのがスタイルの正統派もおられるが、収益を目指すのであればそのやり方は生産性が低いと言わざるを得ない。できれば自動的にネットから記事を集めてきて組み立てるツールでもあればそれを活用するのがよい。

「まとめブログ」の自動作成だ。

■「まとめブログ」の特徴

まとめブログはネット上に散らばる情報のエッセンスを取りまとめて見せるブログだ。
視聴者にとっては手早く情報収集ができるので特定のキーワードで検索してくる人にとっては非常にメリットが大きく、その時の時流に当たれば、ものすごいアクセス数を稼ぎ出すこともある。
しかしながら、その中身は「他人の書いた記事の寄せ集め」であって、常に著作権問題が 付いて回るのも現実だ。

■「tool+」で作ったまとめ記事の有用性

まとめ記事はツールを使わずとも作ることはできる。しかしながら「今しか話題になれないホットな話題」を取り扱うのがアクセス数を増やす一番の方法。常に情報を見張っていてすぐにブログを書くなど、勤め人にはできない。普通の方法ではとても時間が足りないのだ。

その点,「tool+」は、自動ツールを使って話題のニュースや急上昇ワードからネットユーザーの需要が高いトレンド記事を短時間で量産できる。話題性の高いトレンド記事は、SNSでシェアされることも多くアクセス数を集めやすい。普通のアフィリエイトのようにGoogleに依存しない。

しかもそのまとめサイトは,よくあるようなただの2chまとめサイト(コピーサイト)ではなく、様々なコンテンツを自動収集して組み合わせたり編集できるから質の高いまとめ記事を作れるのだ。そしてこうした高品質の記事はGoogleの検索も上位に来やすくなる。

高額の情報商材を販売する怪しげなサイトが一時期流行したが、最初から価格を公開した上でメリットデメリットを堂々と述べてプロモーションしているものは珍しいと言える。

ちなみに「tool+」は「まとめブログ」について回る著作権問題にも対応している。著作権法の引用条件に基づいた方法(収集する画像に掲載元を掲載)を行っている。

また「tool+」は、まとめブログの運営に必要なツール・サービスが全て組み込まれている。

2chやTwitterなどの7種からまとめ記事を瞬時に作成、ワンクリックでブログに投稿する事が出来るのだというからすごい。これらすべての作業を手作業で行っているのと比べればその時間差は10倍近いという。

こうした副業できちんと収益を得るために必要な「記事作成ツール」に加え「最新ノウハウ」、「個別サポート」というコンサルティングまでサービスがついている。

「tool+」はこれを「三位一体システム」と呼んでいるが,ここまで進化して理にかなったものを筆者は見たことがなかった。

■「tool+」の「三位一体システム」の詳細

「tool+」の「三位一体システム」とはどのような内容なのか、見てみよう。

・記事作成ツール


自動ツールを使って話題のニュースや急上昇ワードからネットユーザーの需要が高いトレ ンド記事を短時間で量産。話題性の高いトレンド記事は、SNSでシェアされることも多くアクセス数を集めやすい。

・最新ノウハウ


ブログのテーマや広告の申込み、広告審査に関するアドバイスだけではなく最新データと情報をもとにした集客方法やノウハウでブログ運営ができる。また、独自のノウハウでGoogleアドセンスの審査通過に向けたサポート体制を整えているので合格率が非常に高く短期間で審査通過を目指すことが可能である。

・個別サポート


サポート期間中はメールサポートやブログ診断による改善点のアドバイスなどを 無制限で受けられる。初心者の方でも一から取り組んで収入アップを目指すことが可能である。

■「tool+」に投資する価値を考える

このように高機能を搭載した「tool+」はそれなりに高価なサービスになる。
それは、ソフトウェアを売りっぱなしではなく初心者から経験者に至るまで手厚いサポートがついている価格になる。いわばコンサルティング料込の価格といえる。

この初期費用をどう見るか。

「tool+」 にかける初期費用をまったくかけず、すべてを自分でやったときの成功確率の低さと一定の形になるまで費やすであろう時間を想像して、自分の今の時給との費用対効果を考えて見られるとよい。

もちろんこれは大成功を約束するものではないし、短期間ですぐに稼げるというものでもない。成果を出すまでは継続した取り組みが必要なのは言うまでもない。

ただこの取り組みを「一人で黙々と情報もない中で行う」のか「プロのアドバイスを受けながら常に改善を繰り返す」のかの差を考えてみる必要がある。

いったいどちらが得だろう。これは投資としてありなのではないだろうか。

「tool+」のパッケージ

-ニュース関係
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

稲田防衛大臣の職務とは一体何か?

防衛大臣たたきがとまらない。 南スーダンの国連平和維持活動(PKO)に派遣された陸上自衛隊部隊の日報をめぐる問題で、その内容を組織的に隠ぺいをしたのかどうなのか、それは稲田防衛大臣了承のもとに行われた …

no image

樹木希林さんの闘病をたたえる ~生きること死ぬことの意味~

9月17日、樹木希林さんががんの発症から14年間もの闘病生活を経て、永遠の眠りについた。筆者にとっても好きな女優さんだっただけに残念な気持ちだ。しかし、なぜかこの報道にはなぜか、ひたすら悲しいのではな …

no image

地方自治体が消滅する時代に備える方法 ~もう行政を頼ってはいけない~

2014年に市区町村(自治体)の消滅可能性を日本創成会議で伝えた増田寛也氏の示した地方消滅データは結構衝撃的だった。あれから4年、少子化政策、消費税増税、必要な政策は叫ばれいくつかは実行されたのに人口 …

no image

杉田水脈発言について考える ~過激さのわりに盛り上がりに欠ける議論~

杉田水脈という女性議員が何かまずいことをいったらしく、なんかその辺の報道が多い。この人自民党の衆議院議員、なんと2期目だそうで。 筆者は、この手の報道にあまり関心がなくこのブログで扱うのに妥当な題材で …

no image

【厚生労働省不正統計調査問題】破綻した行政の末期症状 ~終焉を迎える厚生労働省~

 厚生労働省は、1月11日『毎月勤労統計調査において全数調査するとしていたところを 一部抽出調査で行っていたことについて』という文書を発表、「500 人以上規模の事業所」については全数調査するとしてい …