ニュース関係

日大アメフト反則事件に見る日本型組織の問題点 ~忖度悪事はまだまだ発生する~

投稿日:

 日本大学アメフト部の反則事件は、監督とコーチの関東学生アメリカンフットボール連盟による除名処分をもって一通りの決着を見た形となった。「つぶしてこい」という指示が「負傷させてこい」という意味であったかどうか?、などというあいまいなことではなく、精神的に追い込まれたこの宮川選手に対して、特定の選手に怪我をさせよという風に解釈できる旨の指示がリアルに出ており、学生はそれを拒否できるような状況にはなかったことが、はっきりと記者会見で発表された。

この内田監督という人は大学の人事権も握る理事の一人であり、意見を言ったり、逆らえる人がいなかったらしい。事情が詳らかになった今、なぜ此度のような事態になったのかについては、なんとなく、「ああ、そうか」と納得がいく。なんでかというと、今の日本は、似たような事例のオンパレードだからである。

長期デフレで、疲弊した日本の組織は、あちこちにほころびが出始めておりその現象はリーマンショック以来顕著になっているというのに、「成長」の掛け声で相も変わらず同じやり方を続けようと頑張っている。そしてますます疲弊していくのだ。

伸びないのに伸びようとする、勝てないのに勝とうとする。弱いのに強がる。

これらは、すべて組織の方針だから皆これに従っているのだ。みんな頑張ればなんとかなると思っている。頑張れば救われるんだという指示には、誰も異を唱えられないではないか。だって、反論すれば「ナマケモノ」になるから。

みんな感づいていると思うのだけど、筆者も、デフレ脱却とかアベノミクスとか、あんまり効果はない思っている。政府が次々と打ち出す様々な改革案は無駄とは言わないが、「これによって少子高齢化がストップしますよ、経済右肩上がりになりますよ」とは、政府も学者も一言も言っていないではないか。

みんな勘違いしているのは、いま社会は少子高齢化時代という氷河期にむかって準備をするべき時であって、高度成長期やバブルをもう一度やろうとする時ではないということだ。頑張るのにも方向性があるのだ。

時代は変わり、それにつれて人間は進化してきた。一昔前の成功体験をもう一度繰り返そうとするのは進化ではない。ダーウィンの進化論のように最後に生き残るのは、弱いものを食った「食物連鎖の頂点にある者」ではなく、

「地球環境の変化に対応した者」だけなのだ。

変化に対応できず、疲弊した組織が増えている。そのような組織からは「やっても無駄」「できないであろう」指示が多くなる。それだけならまだよいが、「社会通念上やってはいけないこと」が、責任を取りたくないトップからあいまいな指示として出されると、疲弊した組織は悪いとわかっていながら、

「忖度」して、

それをやってしまうのだ。

ここのところ、大企業や政府機関、これまで有名で強かったところからまずはそういう現象が出始めた。変化に対応できずにいる大きな組織はまだまだある。

予言してもよい。「忖度事件」はまだまだ連続するだろう。日本は変化への対応が明らかに遅れているから。これはなんだか戦前の状況に似ているなとも思う。忖度は「空気感」だ。日本人は「空気感」に逆らえない。先の戦争はそうやって起こった。また戦争になるとは言わないが、社会の病理としては同じではないか。

はやく変化に対応して進化する方向へと舵を切ってほしい。

-ニュース関係

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

プレミアムフライデーは経済格差を顕在化する ~聞いてあきれる働き方改革~

「プレミアムフライデー」なる掛け声が提唱されてから1年がたった。 月末の金曜日には早く帰ってその分買い物や旅行に行きましょうよということだった。1年たってみると、これを実践している企業はごくわずかで3 …

no image

【南北融和】金正恩と文在寅が手を組む ~日本がつけを払う時が来た~

金正恩と文在寅が手をつないで板門店の国境を行き来するちょっと前からすると冗談みたいな映像がテレビで流れている。日本国民はあっけにとられてコメントもしようがないからテレビは別な話題でお茶を濁しているよう …

no image

生きることと死ぬこと ~人生について考える~

戦争に実際に行き、最前線を体験してきた人の手記をよく読む。 ネット上で読むことができる先の戦争を体験された方の手記も相当読んだが、 先々週図書館で借りてきた本は、湾岸戦争からイラク戦争にいたるまで参戦 …

no image

働き方改革の行く末は?~我々の仕事スタイルの未来を考える~

■働き方改革って何だろう 「働き方改革」という言葉が定着してきた。職場でよく口にされるようになってきたと お感じの方が多いのではと思う。今年の3月末ごろ実行計画が決定されたのが背景にある。ひょっとする …

no image

【厚生労働省不正統計調査問題】破綻した行政の末期症状 ~終焉を迎える厚生労働省~

 厚生労働省は、1月11日『毎月勤労統計調査において全数調査するとしていたところを 一部抽出調査で行っていたことについて』という文書を発表、「500 人以上規模の事業所」については全数調査するとしてい …