ニュース関係 死生観

樹木希林さんの闘病をたたえる ~生きること死ぬことの意味~

投稿日:2018年9月22日 更新日:

9月17日、樹木希林さんががんの発症から14年間もの闘病生活を経て、永遠の眠りについた。筆者にとっても好きな女優さんだっただけに残念な気持ちだ。しかし、なぜかこの報道にはなぜか、ひたすら悲しいのではなくて、すがすがしい印象が残った。

それはほかでもない、樹木希林さんの生きざまが多くの人に感銘を与えたからなのだろうと思う。

鹿児島まで行き、放射線3次元照射の治療を受け続けてきた。保険外診療なので莫大な費用がかかるが、それでも続けた。

樹木さんは、女性雑誌のインタビューにこたえ、

「これからはがんや病気と一緒に生きていく時代ですよ」といい、

自身のがん闘病についてもこう語っていたという。

「大丈夫じゃないけど、だいたい、これ(がん)をやっつけようとかって思わないのよ。「がんと真剣に向き合って」とかも思わない」

治らないのなら病と一緒に生きていくのだ。この考え方に学びたい。

「がんと闘った」なんてかっこいいこといって、勝っても負けても、いずれ死ぬのだから、肝心なのは生きている間をどう生きるかだと思う。

その生きている間の「生活の質」、「QOL」などというが、病院のベッドで寝ながらつらい割には効果のない抗がん剤治療をするのか、それはしないのかその選択を迫られる時が、自分にも読者のみなさんにも来るだろう。すでに来ている人もいらっしゃるのかもしれないが。

実をいうと、筆者は、母親を胃がんで、さらに妻を乳がんで亡くしている。
鬼才の大女優などではなく普通の庶民なので、「長く生きたほうがよい」などとと考え、効果のあまり感じられない抗がん剤治療を医師の指示通りに行い、2年以上闘病し本人も家族も散々苦しんだ挙句、結果として死んだ。その頃はそれが普通の治療法だったから普通にしただけの事だったのだが。

ところが、

「ほんとうに、これで少しでも長く生きられたのだろうか」
「これでよかったのだろうか」

と悔やむのだ。

「これでよかったのだろうか」なんて、その答えは、主治医もお坊さんももっておらず、残された家族は、重くのしかかる「これでよかったのだろうか」という後悔の念を抱えながらその後も生き続けなきゃならない。これは、誰に相談することも、相談したって決して解決することはない永遠の悩みだ。

人間、生きている時間に限りがあるのなら、その間を「やりきる」。やりきって後悔のないように生きよう、というのが最近の考え方だ。

だから、「安全に長く生きる」ために「さんざん苦しむ」のは少し違うと感じる。

樹木希林さんは、最新の治療法で生活の質を保ちながら、いくつもの輝かしい業績を残すことができた。見事な終末期、うらやましい生き方だと思う。

死に方 と 生き方

正反対のはずなのに、同じ意味かもしれないと思った。

-ニュース関係, 死生観

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

地方自治体が消滅する時代に備える方法 ~もう行政を頼ってはいけない~

2014年に市区町村(自治体)の消滅可能性を日本創成会議で伝えた増田寛也氏の示した地方消滅データは結構衝撃的だった。あれから4年、少子化政策、消費税増税、必要な政策は叫ばれいくつかは実行されたのに人口 …

no image

働き方改革法成立 ~日本の労働生産性は本当に上がるのか~

 6月29日、働き方改革法が成立した。2016年8月に働き方改革相を任命して以来、すったもんだしてやっと決まった。決まった内容が新聞各紙報道によると次の通り。     残業時間の上 …

no image

【働き方改革】サラリーマンの副業を考える【tool+】

ブログで副業(イメージ) ■働き方改革における副業の位置づけ 厚生労働省は平成30年1月にモデル就業規則を改定、それまで標準的な日本の就業規定で あった労働者の遵守事項、「許可なく他の会社等の業務に従 …

no image

東名あおりデマ書き込みで家宅捜索のニュース感想 ~やっとここまできたか~

 福岡県警が12月22日、神奈川県の東名高速道路で6月に起きた静岡県の夫婦死亡事故を巡り、起訴された男とは無関係の会社経営男性が親族であるとのうその情報をインターネットに流したとして、名誉毀損(きそん …

no image

希望の党の行方~巧妙な改憲勢力の作戦か~

小池新党「希望の党」が発足して、次期衆院選挙に参戦する。 マスコミの論調は新党つぶしに一生懸命。やれと知事と党首は両立できない、 だのなんだの。 本人がやってみなければわからないことまでやいのやいのと …