ニュース関係

雇用する側はなぜ差別するのか ~東京医大入試操作、単純な問題ではない~

投稿日:

様々な議論を呼んでいる東京医科大学入試結果操作問題。

女性が合格しにくいようにしていた。

これはまずい。内容は以下の通り。

①一般入試の得点を、決まった計算式を使って加減し、女子合格者を抑制していた。

②操作は2006年から行われていた。

③その理由は、「年齢を重ねると結婚、出産などで長時間の勤務ができないなど、医師としての稼働が低下する」から。

この問題に関して、ネット上では様々な議論が沸き起こり、東京医大前で抗議行動が起こるなどの騒動に発展している。

合格ラインに達していた人を意図的に不合格にしていたということであって、公正な大学入試とは言えないのは明らか。しかしここまで開き直って理由を述べたのはなぜなのだろうと考えるとき、本来ならめちゃくちゃたたかれるであろうこの問題が、そこまで大きな批判に発展しない真相が浮き上がる。

医師というのは激務である。労働時間の適用を受けない。
ゆえに、過重労働になり毎年1000人近い医師が過労死、過労自殺しているという実態。
医師法によって応召義務が定められており、理由なく診察を拒むことができないがゆえ「医は仁術」として医師に人権を認めていないとすら批判されているこの事実をどうすればよいか。この問題に答えを出せないでいる社会がある現実。

おそらく大学病院でも深刻な医師の過重労働問題があったものと思われる。そこへ近年女子の合格者が増えてきたものだからこのような措置をとるに至ったのだろう。採用してから「子供を産むな」とは言えないからだ。しかし、最初から合格ラインの人を合格させないってのも「権利の制限」は同じことなのだが。

いずれにせよこの問題は奥が深く、単なる女性差別として片づけられる問題ではないことを言っておきたい。

もっとよく考えると、医師の世界だけではなく世の中のあらゆる雇用はこのような「権利の制限」が行われている。年齢や性別で差別してはいけないことになっている募集でも、企業が雇用契約を締結する「契約自由の原則」が「平等保障」より優先する現実がある。
「20歳代の女性活躍中!」などとうたった募集広告は、暗に20代の女性しか採用しませんということを言っているのとほぼ同じといえる。何らかの理由で働けなくなって、年齢40~50以上になってからの再就職しようと思っても困難なのは周知の事実。

企業も商売だから経営資源となる「ヒト」を吟味しなければならないのは当然。でも「ヒト」は「モノ」や「カネ」とは違う。そもそも、

「能力ある人がよい仕事をする」

面と同時に、

「良い仕事が人の能力を作る」

という面もあるのだから、企業は「ヒト」を育成する社会的責任があるということをしっかり認識するべきではないだろうか。

この世は生きている「ヒト」が暮らしてつくるものだから。

需要と供給の関係だけで「ヒト」をとらえて、「売り手市場・買い手市場」みたいなことを言っていると、東京医大で入試合格者コントロールをしたり、医師の問題のように著しい不均衡が生じる。「ヒト」は雇用されることなく職業能力を身に着けることはできないのだから、経営資源だというのなら育成すべきものなのではないか。

なんでも自己責任と市場原理で片付けようとする風潮に、「ヒト」の問題はなじまない。

-ニュース関係

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

楽天が携帯電話事業に進出。だからどうなんだ。

楽天が、12月14日、携帯電話大手3社に次ぐ「第4の携帯電話事業者」を目指すことを表明した。早くも携帯電話料金の値下げを期待する声が聞こえたが、そもそも先行三社との競争が可能になるのかどうなのか。注目 …

no image

はれのひ株式会社騒動に学ぼう~経営者の過ちをただすのは誰の役目?~

■ はれのひ株式会社騒動 成人式の日に振袖の着付けを予約していた客を何の連絡もなく無視して逃走した晴れの日株式会社が破産手続き開始の決定をとることとなり、昨日記者会見を行った。 負債総額は約6.35億 …

no image

【TOKIO 山口達也 書類送検】強くなりすぎた権力は崩壊する ~山口達也問題から読める世の中の動き~

 「DASH村」や「Rの法則」などの人気番組で人気絶頂だったTOKIOの山口達也氏が、こともあろうに未成年の女子を部屋によびよせて無理やりキスをしようとする行為に及び、強制わいせつ罪で書類送検となった …

no image

女性議員に向かって「6年間で一番大きな功績は子どもをつくったこと」~三ツ矢議員の真意を考えてみよう~

■決定打を欠く参院選の争点 7月21日は参議院議員通常選挙が行われる。争点はいっぱいあるのに、どこを争点とすべきか、わからない。日本国内は問題が山積しているにも関わらず、与党も野党も決定的な求心力なく …

no image

炎上狙いで歴史云々言うな! ~ポスト真実物書き似非評論家を糾弾する~

新春早々腹立たしい記事を見てしまった。かねてはいちいちこんなものに反応しないのだが、ちょっと書かせていただく。これも世の中がおかしい方向に行っている一つの現象か? 皆さんこれをご覧いただきたい。 「西 …