ニュース関係 政治 環境

核のゴミ説明会に”サクラ”だと? ~NUMOを監視しよう~

投稿日:

■原発関係説明会での不祥事、また発生

当ブログは、日本のエネルギー問題に関する話題も扱っている。

NUMOが10月より全国46都道府県庁所在都市で開催している「科学的特性マップに関する意見交換会」。この説明会のPRを委託されている会社が学生に1万円を払って動員していたというニュースを聞いた。

NUMOでは10月17日の東京での開催を皮切りに12月下旬までの日程で全国説明会ツアーを始めていたが、去る11月6日、埼玉県での会場になったJA共済埼玉で学生が、「1万円もらえると聞いた」との発言をしたらしい。これが11月14日に発覚してニュースになった。当然、けしからんということで原発行政全体が非難を浴びることとなる。

■ 行政ゴシップでは済まない問題

さて、当ブログでも以前書いたように、核のゴミ問題はいまだ解決方法のない人類の存続にかかわるともいえるほどの大変な問題である。

NUMOのホームページや広告物、テレビCMをご覧になったことのある方も多いと思うが、あんな雰囲気で伝えるようなおだやかな内容ではない。今ある原発全部廃炉にしても、核のゴミは消えてなくなるわけではなく、この問題はのこる。なんとかせねばならないのだ。

いまのところ、世界的な趨勢として地層処分がベストな方法、というか実現可能な方法はそれしかないということになっていて、このことに関する理解をしてもらうための説明会を開きますというわけだ。地層処分に関する説明をした後、テーブルで意見交換会をするといった内容になっている。どうしても、どこかに埋めたい。・・・のだ。

■ PRの仕方が間違っている

反対派は安全が確認できないとして不安要因を山ほど出して反対する。だから処分したい方も困ってしまって様々な策を弄ずる。これが変なプロパガンダ風になってしまい、ますますおかしな方向へ行く。

そもそも、説明会の日程はすべて平日のまっ昼間に開催されており、誰が考えてもほとんど誰も来ないんじゃないかと思われる。おまけに100人で締め切るとか会場の都合に合わせている。反対派が詰めかけるのが怖いのかなあ。これPR会社に委託してやるPRといえるんだろうか。どうでしょうみなさん。

件の学生はおそらく広告研究会のサークルか何かだと思うけど、こんな学生を動員しないと人が来ないわけで、誰も集まらないだろうと思われる日時に人数限定でやる宣伝活動って極めて消極的でやる気が感じられない。開催した事実だけを実績として残したいだけに違いない。はい、やりましたからね~と。これで理解が得られると思っているのだろうか?

■ NUMOをみんなで監視しよう

NUMOのホームページではこの件について11月20日に再発防止に向けた対応をとるとした文書を公開している。http://www.numo.or.jp/press/201717112020.html

さらに、この説明会は件のPR会社を使って最後までやる予定であることも次の日に文書で表明した。http://www.numo.or.jp/topics/201717112113.html

再発防止って何? 説明会をサクラなしでしますってことですかね。いやいやいやそうじゃなくてですよ。

NUMOをはじめとする原子力行政、原子力村の人たち、この問題を解決できるのは自分たち知識と技術を持った頭のいい人たちだけなんだから、こんな姑息なことをやってないで真面目にやってくれよ、おねがいだから。人類存続の問題だよ。

きちんと理解が得られるということはこの問題解決の第1歩。それすら真面目にやる気が感じられないこの対応。一人ひとり説得して回る覚悟が必要だと思うよ。安全だというならば。熱意をもってやってほしい。

みんなでNUMOを監視してまじめにやらせよう。

-ニュース関係, 政治, 環境

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

反原発運動と日本のエネルギー事情 ~僕らはどうすべきなのか~

先日ブログに書いたことで少しばかり勉強したので、引き続き勉強中。 まとめっぽく書いてみた。 ■進む原発再稼働 2011年以来停止していた日本の原子力発電所のうち、川内原発が初めて再稼働して2017年8 …

no image

日本の高齢化対策はこれでうまくいくのか~縦割りの2つの政策にみえる欺瞞~

このブログでは、たびたび社会保障費削減に関する記事を書いてきた。 現在日本が推進しようとしている2つの政策についてやろうとしていることは同じでも出発点が真逆という、まさに考え方の根本的誤り、国民に対す …

no image

高レベル放射性廃棄物が鹿児島県南大隅町にくるのか!・・という問題について調べてみた。

■南大隅町と核のゴミ 高レベル放射性廃棄物の最終処分場選定をめぐる問題でながいこといろいろもめてきた鹿児島県南大隅町。 現町長の森田俊彦氏が選挙で当選したことや就任した時からなんかおかしい雰囲気が漂っ …

no image

IR実施法成立 ~統合リゾートは縮小していく日本のカンフル剤になるか~

 西日本で豪雨災害が起こり対応に追われているさなか、世間を騒がせて来ていた、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)実施法が成立したとのニュース。いろいろな意見や思いが交錯した週末であった。 200人以 …

no image

生きることと死ぬこと ~人生について考える~

戦争に実際に行き、最前線を体験してきた人の手記をよく読む。 ネット上で読むことができる先の戦争を体験された方の手記も相当読んだが、 先々週図書館で借りてきた本は、湾岸戦争からイラク戦争にいたるまで参戦 …