ニュース関係

財務省セクハラ事務次官をこのままにするな ~この問題に見る現代の闇~

投稿日:

 財務省の福田淳一事務次官がセクハラ現場を録音され大騒動になった。お国の財布を握る最強官庁、財務省が、国税庁長官と事務次官が相次いで辞任する前代未聞の大スキャンダルとなった。

前田事務次官本人は事実をあくまで否定する意向らしいが、どーでもよい。そもそも今回の件の発端は森友学園、加計学園問題で財務省が深く関与していることから始まっている。この「サイテー男」前田事務次官は財務省事務方のトップで相当な権力と情報が集中している人物。マスコミの注目も虫眼鏡で紙を燃やすがごとく凝集していたに違いない。

そんななかで、さすがこのサイテー男はなかなか口を割らないわけで、そこで各マスコミは美人女性記者をさしむけてハニートラップをかけていたに違いないのである。

だからテレ朝だけではなく各マスコミみんなやってたんじゃないかと言われている。だとしたらこれもまた「忖度」なんじゃないのか?

今回の問題は流行語にもなった「忖度」がとりざたされた。忖度はどこにでもあり、これができないと出世できないとかなんとか知ったようなことを言うやつ。冗談じゃないわ。

厚生労働省東京労働局の役人が、「なんなら、皆さんのところ(に)行って是正勧告してあげてもいいんだけど」といった件もそうだが、この頃権力をかさに着た言動を平気でやるやつが多い。官僚にこういう連中をのさばらせてはいけない。

権力と富は「上」に集中していく。重くなった「上」に「下」は押しつぶされて這い上がれない。

「上」は金と権力で「下」の命運をコントロールできるから、世の中から貧困はなくならない。チャンスも平等ではない。セクハラ、パワハラ、いろんな言葉を流行させてそれでやられるやつを時々つるし上げて「下」を安心させているが、だまされてはいけない。

こういう図に乗った奴は許してはならぬ。そして、マスコミも財務省の権力に忖度して、色仕掛けで取材なんかするな。堂々と取材したらどうなんだ。事情通を気取って変な「忖度」なんかするな。

権力による暗黙の圧力と無言の服従、そして意思疎通なき忖度で世の中はできている。実をいうと封建時代とそんなに変わらないのではないか。

新しいイノベーションが生まれにくくなった日本の末期を見ているような気がする。

-ニュース関係

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

”女性と仕事”でググってみた。 ~家庭と仕事の両立とかワークライフバランスってほんとにできるのか~

■ ”女性と仕事”で検索したら この記事が目についた。 (フランス女性はなぜ仕事を続けられるのか 「母親の仕事」がやたら多い日本と大違いhttp://toyokeizai.ne …

no image

女性議員に向かって「6年間で一番大きな功績は子どもをつくったこと」~三ツ矢議員の真意を考えてみよう~

■決定打を欠く参院選の争点 7月21日は参議院議員通常選挙が行われる。争点はいっぱいあるのに、どこを争点とすべきか、わからない。日本国内は問題が山積しているにも関わらず、与党も野党も決定的な求心力なく …

no image

西日本豪雨災害の教訓を生かすためには ~地域のつながりが薄れていく中で~

    九州北部から、中国・四国、岐阜に至るまでの広い地域で甚大な被害をもたらした今回の豪雨災害。総務省消防庁の発表によると(13日午後4時15分現在)全国で2万6千棟を超える家屋被害、死者203名、 …

no image

森友問題にみる日本の危機 ~組織擁護のため犠牲になる個人が未来をつぶす~

 ついに自殺者が出た森友問題。この件が理由ではないが佐川長官は辞職した。 自殺した当人のことは知らないふうのことを言っていたがそんなはずはないだろう。 この件で直接話をしたことだってあるはずだ。こんな …

no image

社会保障費削減の方法が・・・・~寝たきり予備軍を減らそう~

■ 診療報酬削減にはだれも反対できない 日本の社会保障費支出を計画的に減らさなければ、日本はやがて破綻に向かうようなとんでもない事態であることは前にも書いた。財政改革で一番損をするのは誰か?~社会保障 …