ニュース関係

財務省セクハラ事務次官をこのままにするな ~この問題に見る現代の闇~

投稿日:

 財務省の福田淳一事務次官がセクハラ現場を録音され大騒動になった。お国の財布を握る最強官庁、財務省が、国税庁長官と事務次官が相次いで辞任する前代未聞の大スキャンダルとなった。

前田事務次官本人は事実をあくまで否定する意向らしいが、どーでもよい。そもそも今回の件の発端は森友学園、加計学園問題で財務省が深く関与していることから始まっている。この「サイテー男」前田事務次官は財務省事務方のトップで相当な権力と情報が集中している人物。マスコミの注目も虫眼鏡で紙を燃やすがごとく凝集していたに違いない。

そんななかで、さすがこのサイテー男はなかなか口を割らないわけで、そこで各マスコミは美人女性記者をさしむけてハニートラップをかけていたに違いないのである。

だからテレ朝だけではなく各マスコミみんなやってたんじゃないかと言われている。だとしたらこれもまた「忖度」なんじゃないのか?

今回の問題は流行語にもなった「忖度」がとりざたされた。忖度はどこにでもあり、これができないと出世できないとかなんとか知ったようなことを言うやつ。冗談じゃないわ。

厚生労働省東京労働局の役人が、「なんなら、皆さんのところ(に)行って是正勧告してあげてもいいんだけど」といった件もそうだが、この頃権力をかさに着た言動を平気でやるやつが多い。官僚にこういう連中をのさばらせてはいけない。

権力と富は「上」に集中していく。重くなった「上」に「下」は押しつぶされて這い上がれない。

「上」は金と権力で「下」の命運をコントロールできるから、世の中から貧困はなくならない。チャンスも平等ではない。セクハラ、パワハラ、いろんな言葉を流行させてそれでやられるやつを時々つるし上げて「下」を安心させているが、だまされてはいけない。

こういう図に乗った奴は許してはならぬ。そして、マスコミも財務省の権力に忖度して、色仕掛けで取材なんかするな。堂々と取材したらどうなんだ。事情通を気取って変な「忖度」なんかするな。

権力による暗黙の圧力と無言の服従、そして意思疎通なき忖度で世の中はできている。実をいうと封建時代とそんなに変わらないのではないか。

新しいイノベーションが生まれにくくなった日本の末期を見ているような気がする。

-ニュース関係

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

介護休業制度の義務付けと在宅介護の推進~高齢化社会への対応はまだまだ道半ば~

 医療の発達で昔なら亡くなっていた場合でも生きられるようになってきた結果、社会保障費が余計にかかるようになってしまった。 年金をもらう、介護が必要な人は介護保険、医療の必要な人は医療保険が使われる。症 …

no image

建国記念の日について ~国民の祝日。何を祝うのか~

◆なんだかわからない「建国記念の日」  今日ブログを書こうと思ったら、たまたま「建国記念の日」だった。   「建国記念の日」については、奉祝、反対、様々な意見が毎年入り乱れて、必ずニュースとなってきた …

no image

「搾取」の論理が忘れられていないか。~入管法改正案成立とフランスのデモ~

 なんやかんやで忙しく、9月22日の更新を最後にさぼっていたが、このブログのPV数は、たいして落ちていないから不思議だ。  これからも、この生きにくい世の中を、命ある限り生きていくための考え方をどうす …

no image

生きることと死ぬこと ~人生について考える~

戦争に実際に行き、最前線を体験してきた人の手記をよく読む。 ネット上で読むことができる先の戦争を体験された方の手記も相当読んだが、 先々週図書館で借りてきた本は、湾岸戦争からイラク戦争にいたるまで参戦 …

no image

気になる働き方改革の成果 ~労働生産性は改善したのか~

 ご存知の通り、いま、日本の人口は年々減っていっている。「人口が減る」ということは経済が縮小することを意味する。「労働人口」と「需要」の両方が減るからだ。 まずは労働人口が減る方のダメージが大きい。だ …