ニュース関係

財務省セクハラ事務次官をこのままにするな ~この問題に見る現代の闇~

投稿日:

 財務省の福田淳一事務次官がセクハラ現場を録音され大騒動になった。お国の財布を握る最強官庁、財務省が、国税庁長官と事務次官が相次いで辞任する前代未聞の大スキャンダルとなった。

前田事務次官本人は事実をあくまで否定する意向らしいが、どーでもよい。そもそも今回の件の発端は森友学園、加計学園問題で財務省が深く関与していることから始まっている。この「サイテー男」前田事務次官は財務省事務方のトップで相当な権力と情報が集中している人物。マスコミの注目も虫眼鏡で紙を燃やすがごとく凝集していたに違いない。

そんななかで、さすがこのサイテー男はなかなか口を割らないわけで、そこで各マスコミは美人女性記者をさしむけてハニートラップをかけていたに違いないのである。

だからテレ朝だけではなく各マスコミみんなやってたんじゃないかと言われている。だとしたらこれもまた「忖度」なんじゃないのか?

今回の問題は流行語にもなった「忖度」がとりざたされた。忖度はどこにでもあり、これができないと出世できないとかなんとか知ったようなことを言うやつ。冗談じゃないわ。

厚生労働省東京労働局の役人が、「なんなら、皆さんのところ(に)行って是正勧告してあげてもいいんだけど」といった件もそうだが、この頃権力をかさに着た言動を平気でやるやつが多い。官僚にこういう連中をのさばらせてはいけない。

権力と富は「上」に集中していく。重くなった「上」に「下」は押しつぶされて這い上がれない。

「上」は金と権力で「下」の命運をコントロールできるから、世の中から貧困はなくならない。チャンスも平等ではない。セクハラ、パワハラ、いろんな言葉を流行させてそれでやられるやつを時々つるし上げて「下」を安心させているが、だまされてはいけない。

こういう図に乗った奴は許してはならぬ。そして、マスコミも財務省の権力に忖度して、色仕掛けで取材なんかするな。堂々と取材したらどうなんだ。事情通を気取って変な「忖度」なんかするな。

権力による暗黙の圧力と無言の服従、そして意思疎通なき忖度で世の中はできている。実をいうと封建時代とそんなに変わらないのではないか。

新しいイノベーションが生まれにくくなった日本の末期を見ているような気がする。

-ニュース関係

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【働き方改革】サラリーマンの副業を考える【tool+】

ブログで副業(イメージ) ■働き方改革における副業の位置づけ 厚生労働省は平成30年1月にモデル就業規則を改定、それまで標準的な日本の就業規定で あった労働者の遵守事項、「許可なく他の会社等の業務に従 …

no image

国連核兵器禁止条約採択、日本不参加の理由を考える。

7月7日、核兵器の保有・開発・使用等を禁止する国際条約が、国連本部で採択されたとの報道あり。これには100を超えるという国が参加する見通しだという。 米英仏は参加しないという意味の声明を発表。露中も参 …

no image

働き方改革は進まない。~日本人の働き方の「生活習慣病」~

■ とうとう2019年も最後の月になった。 働くことは実は命がけ 12月だ。 もうすぐ2020年。東京オリンピックがやってくる。全国をあげて外国人観光客の受け入れ態勢が整えられはじめているし、再開発が …

no image

気になる働き方改革の成果 ~労働生産性は改善したのか~

 ご存知の通り、いま、日本の人口は年々減っていっている。「人口が減る」ということは経済が縮小することを意味する。「労働人口」と「需要」の両方が減るからだ。 まずは労働人口が減る方のダメージが大きい。だ …

no image

日本の高齢化対策はこれでうまくいくのか~縦割りの2つの政策にみえる欺瞞~

このブログでは、たびたび社会保障費削減に関する記事を書いてきた。 現在日本が推進しようとしている2つの政策についてやろうとしていることは同じでも出発点が真逆という、まさに考え方の根本的誤り、国民に対す …