ニュース関係

財務省セクハラ事務次官をこのままにするな ~この問題に見る現代の闇~

投稿日:

 財務省の福田淳一事務次官がセクハラ現場を録音され大騒動になった。お国の財布を握る最強官庁、財務省が、国税庁長官と事務次官が相次いで辞任する前代未聞の大スキャンダルとなった。

前田事務次官本人は事実をあくまで否定する意向らしいが、どーでもよい。そもそも今回の件の発端は森友学園、加計学園問題で財務省が深く関与していることから始まっている。この「サイテー男」前田事務次官は財務省事務方のトップで相当な権力と情報が集中している人物。マスコミの注目も虫眼鏡で紙を燃やすがごとく凝集していたに違いない。

そんななかで、さすがこのサイテー男はなかなか口を割らないわけで、そこで各マスコミは美人女性記者をさしむけてハニートラップをかけていたに違いないのである。

だからテレ朝だけではなく各マスコミみんなやってたんじゃないかと言われている。だとしたらこれもまた「忖度」なんじゃないのか?

今回の問題は流行語にもなった「忖度」がとりざたされた。忖度はどこにでもあり、これができないと出世できないとかなんとか知ったようなことを言うやつ。冗談じゃないわ。

厚生労働省東京労働局の役人が、「なんなら、皆さんのところ(に)行って是正勧告してあげてもいいんだけど」といった件もそうだが、この頃権力をかさに着た言動を平気でやるやつが多い。官僚にこういう連中をのさばらせてはいけない。

権力と富は「上」に集中していく。重くなった「上」に「下」は押しつぶされて這い上がれない。

「上」は金と権力で「下」の命運をコントロールできるから、世の中から貧困はなくならない。チャンスも平等ではない。セクハラ、パワハラ、いろんな言葉を流行させてそれでやられるやつを時々つるし上げて「下」を安心させているが、だまされてはいけない。

こういう図に乗った奴は許してはならぬ。そして、マスコミも財務省の権力に忖度して、色仕掛けで取材なんかするな。堂々と取材したらどうなんだ。事情通を気取って変な「忖度」なんかするな。

権力による暗黙の圧力と無言の服従、そして意思疎通なき忖度で世の中はできている。実をいうと封建時代とそんなに変わらないのではないか。

新しいイノベーションが生まれにくくなった日本の末期を見ているような気がする。

-ニュース関係

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

韓国艦艇からの火器管制レーダの照射をうける。~なめられた日本の現実~

 年末最後の大騒ぎネタともいうべき事件が発生した。海上自衛隊のP1哨戒機が韓国海軍の艦艇から火器管制レーダーの照射を受けたというのだ。  防衛省では、この時のVTRも公開し日本側の正当性を主張した。こ …

no image

日本の年金制度はもう破綻しているのではないのか ~お粗末極まる再委託事件~

 日本年金機構が約500万人分の受給者のデータ入力を委託した東京都豊島区の情報処理業の会社が本来なら禁止されているはずのほか業者への再委託を行っていたことが明るみになった。しかもその業者が中国の業者で …

no image

気になる働き方改革の成果 ~労働生産性は改善したのか~

 ご存知の通り、いま、日本の人口は年々減っていっている。「人口が減る」ということは経済が縮小することを意味する。「労働人口」と「需要」の両方が減るからだ。 まずは労働人口が減る方のダメージが大きい。だ …

no image

社会保障費削減の方法が・・・・~寝たきり予備軍を減らそう~

■ 診療報酬削減にはだれも反対できない 日本の社会保障費支出を計画的に減らさなければ、日本はやがて破綻に向かうようなとんでもない事態であることは前にも書いた。財政改革で一番損をするのは誰か?~社会保障 …

no image

大河ドラマ「西郷どん」はじまる ~薩長史観云々いう連中はつまらん~

2018年のNHK大河ドラマ、西郷隆盛を描いた「西郷どん」(せごどん)が始まった。島津斉彬との出会い方や島津斉彬と父親である島津斉興が対立する様子、島津斉彬に洋服を着せて登場させるなど西洋の事情に詳し …