ニュース関係

IR実施法成立 ~統合リゾートは縮小していく日本のカンフル剤になるか~

投稿日:

 西日本で豪雨災害が起こり対応に追われているさなか、世間を騒がせて来ていた、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)実施法が成立したとのニュース。いろいろな意見や思いが交錯した週末であった。

200人以上の死者を出した大災害のさなか、カジノを奨励する法案をごり押しで通すとは何事かということで、内閣不信任案も提出されるも否決。日本人はギャンブルに弱い人が多く依存症も多いとかで心配や対策を求める声も多かった。
そんななかでもIRの計画は2002年の着想以来、着々と進みオリンピック後の経済を下支えする一つの大きな流れとなることを目指している。

反対意見の内容は次のようなものだ。

・ギャンブル依存症の増加
・治安悪化の懸念
・マネーロンダリングに使われる
・そもそもカジノのイメージが悪い

カジノって、お金持ちが集まってきてたくさんお金を使ってくれるからよいよね、というのが動機なのだろうけど、お金持ちにもいろいろあって、犯罪で得たお金、もしくはテロリストの資金源とかそういうものになってしまう可能性はないのかということが心配になる。海外でも実例はあり、この懸念に対し明確な答えを出している人はまだいないのではないか。小手先の対策はいろいろ考えられているようではあるが。日本人はギャンブル依存症になりやすいとのことで日本人の入場制限も考えられているとか。

まあ、カジノは一般庶民にはあんまり縁のないところになりそうだ。周辺のショッピングモールや遊園地で遊んで帰る程度のこととなるだろう。

世界中の富がごくわずかの富裕層に集中しているといわれているから、その富裕層のお金を思いっきり日本で使ってもらおうというのは、発想としては悪くない。誘致に手を上げる各自治体の皮算用も、いろいろ出ているようだ。大阪府などではIRによる税収効果を2500億円とみている。たしかに小さくはない。

このブログでも何回も書いているが、日本は今後労働人口が減って高齢者が増える。ということは、税収は減り、公共サービスが後退していくことが見込まれている。どうにかしようにもあどうしようもなくなる局面に来ているとき。消費税を上げても起死回生の策にはならない。こんななかで日本の「稼ぐ力」を励起する戦略の一つとして期待されるこの法案。安全対策をしっかりと取って稼げるもんなら思い切り稼いで、安心できる日本を作ってほしいものだ。

そもそも庶民にとっては生きていること自体がギャンブルに等しいともいえるしね。
やるしかないかもね。

-ニュース関係

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

財政改革で一番損をするのは誰か?~社会保障費が減らされる!~

■ のんびり議論している場合ではないほどのひっ迫具合 このブログ(消費税増税は嫌に決まっている)でも以前書いたが、国の財政改革で最も必要とされているのが増え続ける社会保障費の削減だ。 社会保障費という …

no image

杉田水脈発言について考える ~過激さのわりに盛り上がりに欠ける議論~

杉田水脈という女性議員が何かまずいことをいったらしく、なんかその辺の報道が多い。この人自民党の衆議院議員、なんと2期目だそうで。 筆者は、この手の報道にあまり関心がなくこのブログで扱うのに妥当な題材で …

no image

「珈琲と人」未就学児お断り事件に一言申し上げたい。

業種は違うが、こういう店もある。   ■古民家カフェが「子連れ入店禁止」措置でネット炎上 岡山県の総社市にある古民家カフェ「珈琲と人」の件で現在ネットがにぎわっているのをご存じだろうか。 こ …

no image

気になる働き方改革の成果 ~労働生産性は改善したのか~

 ご存知の通り、いま、日本の人口は年々減っていっている。「人口が減る」ということは経済が縮小することを意味する。「労働人口」と「需要」の両方が減るからだ。 まずは労働人口が減る方のダメージが大きい。だ …

no image

日本の高齢化対策はこれでうまくいくのか~縦割りの2つの政策にみえる欺瞞~

このブログでは、たびたび社会保障費削減に関する記事を書いてきた。 現在日本が推進しようとしている2つの政策についてやろうとしていることは同じでも出発点が真逆という、まさに考え方の根本的誤り、国民に対す …