ニュース関係

西日本豪雨災害の教訓を生かすためには ~地域のつながりが薄れていく中で~

投稿日:2018年7月14日 更新日:

    九州北部から、中国・四国、岐阜に至るまでの広い地域で甚大な被害をもたらした今回の豪雨災害。総務省消防庁の発表によると(13日午後4時15分現在)全国で2万6千棟を超える家屋被害、死者203名、行方不明者47名という前例を見ない惨状となってしまった。この被害の数値も明日にはまた書き換わるだろう。まだ全容は明らかになっていないそうである。

残念でならなかったのは、自宅で一人で亡くなってしまった方々のニュースだ。足が悪くて外への避難はおろか、2階に上がることすらできなかった。家族の方も助けに行こうにも行けなかった。こうした方が、39人もおられたとの報道もある。

ご自宅で水死とは、まったく言葉が出ない。痛ましい限りである。

避難勧告に際して、こうして避難すらできない方たちがおられる。この、一人で避難できない人たちはだれが助けるべきだったのだろうか。

家族が不在、あるいは一緒に住んでいない、近所の人も勤めに出ていれば、こういう時に誰も助けに行けなくなる。こういった事態に、我々は無責任にも対処できていないような気がする。

こういうときに消防だけではすべての人を救助するのは不可能だ。消防庁は地域で自主防災組織を作ることを奨励し詳細な手引書も公開している。

https://selectra.jp/sites/selectra.jp/files/pdf/bousai_2904.pdf
「自主防災組織の手引き」(消防庁)

自主防災組織は、自治会や公民館、町内会を母体として作られることが多く、相次ぐ大震災などの影響でその数は年々増えていて全国で16万団体(平成28年度)あるという。

かねてから、避難誘導、救護、情報収集、給食などの役割分担を決め、人を組織化しておき定期的に訓練を行っておく。どこにどんな人が住んでいて誰が安否確認をするか、それも決めておくというのが一般的だ。

全国の自治会や公民館、町内会組織は29万ほどあるというから50%超の組織率といったところであろうか、でもまだまだ多いとは言えないだろう。

しかしながら、こうした自主防災組織も、いざというときに集合して組織的に活動できなければ意味がない。みんな勤めがあるはずで、こうした個人の地域人としての役割を果たすには、勤務先のその人の役割を十分に認識して、大雨が降ってきて危険な状況が予想されるときには、こうした役割持つ従業員は早く帰宅させるなど、就業上柔軟に対応すべきなのだが、企業はそこまで気が利いているのだろうか。

従業員の地域活動について、どれほど気を配っているかは、防災上の問題でもありうるのだ。

自主防災組織を作り上げるのはまず第一として、こうした防災上の「働き方改革」という視点も大事なのではないかと考える。

-ニュース関係

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

気になる働き方改革の成果 ~労働生産性は改善したのか~

 ご存知の通り、いま、日本の人口は年々減っていっている。「人口が減る」ということは経済が縮小することを意味する。「労働人口」と「需要」の両方が減るからだ。 まずは労働人口が減る方のダメージが大きい。だ …

no image

生きることと死ぬこと ~人生について考える~

戦争に実際に行き、最前線を体験してきた人の手記をよく読む。 ネット上で読むことができる先の戦争を体験された方の手記も相当読んだが、 先々週図書館で借りてきた本は、湾岸戦争からイラク戦争にいたるまで参戦 …

no image

働き方改革の行く末は?~我々の仕事スタイルの未来を考える~

■働き方改革って何だろう 「働き方改革」という言葉が定着してきた。職場でよく口にされるようになってきたと お感じの方が多いのではと思う。今年の3月末ごろ実行計画が決定されたのが背景にある。ひょっとする …

no image

財務省セクハラ事務次官をこのままにするな ~この問題に見る現代の闇~

 財務省の福田淳一事務次官がセクハラ現場を録音され大騒動になった。お国の財布を握る最強官庁、財務省が、国税庁長官と事務次官が相次いで辞任する前代未聞の大スキャンダルとなった。 前田事務次官本人は事実を …

no image

「働き方改革」は「働かせ方改革」。日本のサラリーマンは、このままで生き残れるか。~

 国際的な競争力を上げるべく労働生産性を上げる「働き方改革」が国を挙げて進んでいる最中である。  ところが、主に残業時間と残業手当が減らされる方向に強力に進んでいるように見受けられ、サラリーマンの収入 …