ニュース関係

北朝鮮、ICBM開発成功だという話

投稿日:2017年7月4日 更新日:

本日午前、北朝鮮がミサイルを発射して、日本の排他的経済水域に落下したというニュースあり。

北朝鮮では「大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験に成功した」旨を「特別重大報道」などという名目で大々的に発表したようである。

ミサイルが発射されて危ないとなったときは「Jアラート」なる音が防災無線もしくは携帯電話のエリアメールで配信されるそうである。(Jアラートの音を聞いたことのない方はぜひこのリンクから聞いてみてください。)

ミサイルは発射された時の対処方法として、窓から離れるとかいろいろ紹介されているようだがはたしてこれ間に合うのだろうか?

北朝鮮はミサイルにも搭載できる小型の核弾頭も開発中というから、もしそんなのが落ちてきたら場所によっては助からないだろうことが容易に考えられる。物騒な話を取り越した笑うしかない話だ。対処できるのは自衛隊や米軍の迎撃ミサイルだろうが、しかし、その撃ち落とせる確率はどうなのだろう。(参考サイトはここ)

いろんな記事を見てみるとこれが意外と高確率。陸海自衛隊は陸上から発射して大気圏外で迎撃するPAC-3、それで撃ち漏らした場合イージス艦から発射して大気圏内で迎撃するSM-3の2段構えで迎撃するシステムを構築してるが、2002年から2015年までに40回の発射実験をし、成功率82%というからなかなかのもの。あくまで100%を目指しているらしい。というのは100%でなければ失敗という見方をしているそうである。

なんともわれらが自衛隊の心強い話ではあるが、弾道ミサイル迎撃システムをめぐる報道には過去にこんな話もある。

1991年の湾岸戦争でイラクのスカッドミサイルというのが当時マスコミで盛んに報道されたのを覚えておいでの方も多いだろう。

このスカッドミサイルがアメリカ軍めがけて散々飛んできたわけだが、米政府は当時現在のPAC-3の前のバージョンのPAC-2で、スカッドのほぼ全てを撃ち落としたと発表していたものの、後の米議会などの調査で命中率はわずか9%だったことが明らかになったというのである。

戦争に関する報道だからさもあらん、この話を聞くと、先の自衛隊の命中確率のはなしもホントかどうか疑わしくなってくる。

いわゆる先の大戦中の「大本営発表」のフェイクニュースの世界は現代でも健在であり、シリアしかり北朝鮮しかり、戦争に関する報道などすべて信用できないと思ったほうが良いと思っている。

 

 

 

-ニュース関係

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

少子高齢化社会のなかでの「こどもの日」 ~子どもはだれが育てるのか~

 今日は2018年のこどもの日。 去年だったか、「珈琲と人」という古民家カフェが子供連れ入店禁止措置を取りツイッターが炎上した事件があったことについてこのブログでも書いたことがあった。 この現象や、「 …

no image

日本の年金制度はもう破綻しているのではないのか ~お粗末極まる再委託事件~

 日本年金機構が約500万人分の受給者のデータ入力を委託した東京都豊島区の情報処理業の会社が本来なら禁止されているはずのほか業者への再委託を行っていたことが明るみになった。しかもその業者が中国の業者で …

no image

生きることと死ぬこと ~人生について考える~

戦争に実際に行き、最前線を体験してきた人の手記をよく読む。 ネット上で読むことができる先の戦争を体験された方の手記も相当読んだが、 先々週図書館で借りてきた本は、湾岸戦争からイラク戦争にいたるまで参戦 …

no image

気になる働き方改革の成果 ~労働生産性は改善したのか~

 ご存知の通り、いま、日本の人口は年々減っていっている。「人口が減る」ということは経済が縮小することを意味する。「労働人口」と「需要」の両方が減るからだ。 まずは労働人口が減る方のダメージが大きい。だ …

no image

北朝鮮の最後~金正恩体制崩壊のシノプシス

暗殺された金正男氏の長男金漢率氏 8月29日のミサイル発射に引き続き、9月3日の核実験が行われ、関係各国政府の動きが活発化してきた。今回は北朝鮮をめぐる様々な情報を集めて整理する中、最も心配される事態 …