ニュース関係

北朝鮮、ICBM開発成功だという話

投稿日:2017年7月4日 更新日:

本日午前、北朝鮮がミサイルを発射して、日本の排他的経済水域に落下したというニュースあり。

北朝鮮では「大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験に成功した」旨を「特別重大報道」などという名目で大々的に発表したようである。

ミサイルが発射されて危ないとなったときは「Jアラート」なる音が防災無線もしくは携帯電話のエリアメールで配信されるそうである。(Jアラートの音を聞いたことのない方はぜひこのリンクから聞いてみてください。)

ミサイルは発射された時の対処方法として、窓から離れるとかいろいろ紹介されているようだがはたしてこれ間に合うのだろうか?

北朝鮮はミサイルにも搭載できる小型の核弾頭も開発中というから、もしそんなのが落ちてきたら場所によっては助からないだろうことが容易に考えられる。物騒な話を取り越した笑うしかない話だ。対処できるのは自衛隊や米軍の迎撃ミサイルだろうが、しかし、その撃ち落とせる確率はどうなのだろう。(参考サイトはここ)

いろんな記事を見てみるとこれが意外と高確率。陸海自衛隊は陸上から発射して大気圏外で迎撃するPAC-3、それで撃ち漏らした場合イージス艦から発射して大気圏内で迎撃するSM-3の2段構えで迎撃するシステムを構築してるが、2002年から2015年までに40回の発射実験をし、成功率82%というからなかなかのもの。あくまで100%を目指しているらしい。というのは100%でなければ失敗という見方をしているそうである。

なんともわれらが自衛隊の心強い話ではあるが、弾道ミサイル迎撃システムをめぐる報道には過去にこんな話もある。

1991年の湾岸戦争でイラクのスカッドミサイルというのが当時マスコミで盛んに報道されたのを覚えておいでの方も多いだろう。

このスカッドミサイルがアメリカ軍めがけて散々飛んできたわけだが、米政府は当時現在のPAC-3の前のバージョンのPAC-2で、スカッドのほぼ全てを撃ち落としたと発表していたものの、後の米議会などの調査で命中率はわずか9%だったことが明らかになったというのである。

戦争に関する報道だからさもあらん、この話を聞くと、先の自衛隊の命中確率のはなしもホントかどうか疑わしくなってくる。

いわゆる先の大戦中の「大本営発表」のフェイクニュースの世界は現代でも健在であり、シリアしかり北朝鮮しかり、戦争に関する報道などすべて信用できないと思ったほうが良いと思っている。

 

 

 

-ニュース関係

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

地方自治体が消滅する時代に備える方法 ~もう行政を頼ってはいけない~

2014年に市区町村(自治体)の消滅可能性を日本創成会議で伝えた増田寛也氏の示した地方消滅データは結構衝撃的だった。あれから4年、少子化政策、消費税増税、必要な政策は叫ばれいくつかは実行されたのに人口 …

no image

炎上狙いで歴史云々言うな! ~ポスト真実物書き似非評論家を糾弾する~

新春早々腹立たしい記事を見てしまった。かねてはいちいちこんなものに反応しないのだが、ちょっと書かせていただく。これも世の中がおかしい方向に行っている一つの現象か? 皆さんこれをご覧いただきたい。 「西 …

no image

地域共生社会における情報の重要性~安心・安全に貢献する情報インフラとは~

なぜ今地域共生社会なのか このブログでは何回も書いていることだが,政府は地域共生社会の実現に向け各種政策をを推し進めようとしている。 そもそも,国として地域共生社会の構築に関するおおもとの政策骨子が「 …

no image

日本の高齢化対策はこれでうまくいくのか~縦割りの2つの政策にみえる欺瞞~

このブログでは、たびたび社会保障費削減に関する記事を書いてきた。 現在日本が推進しようとしている2つの政策についてやろうとしていることは同じでも出発点が真逆という、まさに考え方の根本的誤り、国民に対す …

no image

自動運転が作る新しい交通インフラの形 ~人口減少・高齢化・コンパクトシティに対応した公共交通とは~

 小難しい地域開発学的なタイトルを付けましたが、今日の話は、このブログで時々やってる「こんなのがあったらいいな」という架空の作り話が中心です。時間がある人は読んでくだされ。 Y町は、67万人の都市郊外 …