ニュース関係

北朝鮮、ICBM開発成功だという話

投稿日:2017年7月4日 更新日:

本日午前、北朝鮮がミサイルを発射して、日本の排他的経済水域に落下したというニュースあり。

北朝鮮では「大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験に成功した」旨を「特別重大報道」などという名目で大々的に発表したようである。

ミサイルが発射されて危ないとなったときは「Jアラート」なる音が防災無線もしくは携帯電話のエリアメールで配信されるそうである。(Jアラートの音を聞いたことのない方はぜひこのリンクから聞いてみてください。)

ミサイルは発射された時の対処方法として、窓から離れるとかいろいろ紹介されているようだがはたしてこれ間に合うのだろうか?

北朝鮮はミサイルにも搭載できる小型の核弾頭も開発中というから、もしそんなのが落ちてきたら場所によっては助からないだろうことが容易に考えられる。物騒な話を取り越した笑うしかない話だ。対処できるのは自衛隊や米軍の迎撃ミサイルだろうが、しかし、その撃ち落とせる確率はどうなのだろう。(参考サイトはここ)

いろんな記事を見てみるとこれが意外と高確率。陸海自衛隊は陸上から発射して大気圏外で迎撃するPAC-3、それで撃ち漏らした場合イージス艦から発射して大気圏内で迎撃するSM-3の2段構えで迎撃するシステムを構築してるが、2002年から2015年までに40回の発射実験をし、成功率82%というからなかなかのもの。あくまで100%を目指しているらしい。というのは100%でなければ失敗という見方をしているそうである。

なんともわれらが自衛隊の心強い話ではあるが、弾道ミサイル迎撃システムをめぐる報道には過去にこんな話もある。

1991年の湾岸戦争でイラクのスカッドミサイルというのが当時マスコミで盛んに報道されたのを覚えておいでの方も多いだろう。

このスカッドミサイルがアメリカ軍めがけて散々飛んできたわけだが、米政府は当時現在のPAC-3の前のバージョンのPAC-2で、スカッドのほぼ全てを撃ち落としたと発表していたものの、後の米議会などの調査で命中率はわずか9%だったことが明らかになったというのである。

戦争に関する報道だからさもあらん、この話を聞くと、先の自衛隊の命中確率のはなしもホントかどうか疑わしくなってくる。

いわゆる先の大戦中の「大本営発表」のフェイクニュースの世界は現代でも健在であり、シリアしかり北朝鮮しかり、戦争に関する報道などすべて信用できないと思ったほうが良いと思っている。

 

 

 

-ニュース関係

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

自動運転が作る新しい交通インフラの形 ~人口減少・高齢化・コンパクトシティに対応した公共交通とは~

 小難しい地域開発学的なタイトルを付けましたが、今日の話は、このブログで時々やってる「こんなのがあったらいいな」という架空の作り話が中心です。時間がある人は読んでくだされ。 Y町は、67万人の都市郊外 …

no image

社会保障費削減の方法が・・・・~寝たきり予備軍を減らそう~

■ 診療報酬削減にはだれも反対できない 日本の社会保障費支出を計画的に減らさなければ、日本はやがて破綻に向かうようなとんでもない事態であることは前にも書いた。財政改革で一番損をするのは誰か?~社会保障 …

no image

杉田水脈発言について考える ~過激さのわりに盛り上がりに欠ける議論~

杉田水脈という女性議員が何かまずいことをいったらしく、なんかその辺の報道が多い。この人自民党の衆議院議員、なんと2期目だそうで。 筆者は、この手の報道にあまり関心がなくこのブログで扱うのに妥当な題材で …

no image

IR実施法成立 ~統合リゾートは縮小していく日本のカンフル剤になるか~

 西日本で豪雨災害が起こり対応に追われているさなか、世間を騒がせて来ていた、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)実施法が成立したとのニュース。いろいろな意見や思いが交錯した週末であった。 200人以 …

no image

「地域」とはなにか。~現代社会の問題を解決するキーワード~

地域福祉、地域包括支援、地域連携センター、地域包括ケアシステム。地域コミュニティセンター・・・ 我々が住んでいる地域。今、少子高齢化が急速に進行する日本において、「地域」という概念が最も重要なものとな …