ニュース関係

少子高齢化社会のなかでの「こどもの日」 ~子どもはだれが育てるのか~

投稿日:

 今日は2018年のこどもの日。

去年だったか、「珈琲と人」という古民家カフェが子供連れ入店禁止措置を取りツイッターが炎上した事件があったことについてこのブログでも書いたことがあった。

この現象や、「保育園落ちた日本死ね」事件を見ても分かる通り、子育てが困難になっている事象がだんだんあらわになってきているような気がする。いくら保育園をたくさん作ろうとも、いくら保育士の給料を上げようともそんなこととは関係なく子育ては困難になっていくだろうと思う。なぜか。

子どもを産むのは母親だが、その子どもを育てていくのはその母親だけではないということをもう一度考え直してもらいたい。そして育った子どもは、その母親のためだけに生きて働くのではないということ。

母親、保育園、幼稚園、こども園の先生、おともだち、近所のおじさん、おばさん、おにいさん、おねえさん、親戚のおじさん、おばさん、いとこ、小学校の先生、中学校の先生、友人たち、高校の先生、友達・・・・

こどもたちに接する機会のあるすべての人たちはその子に何らかの影響を与えその影響を受けて子どもは育っていく。

そして、やがて世の中のために、何らかの役に立つ人として社会に巣立っていく。
こうして考えると子どもは社会全体で育てているともいえる。だから、健全な子どもを育成するにはどうすればいいか、みんなで連携をとっていく必要があるのだ。

こうしたことをあまり考えずに、子どもの犯したちょっとした不始末をすべて親の責任にして「バカ親」などとネットで毒を吐き散らすことが何の役に立とうか。

我々親の世代が年を取って、体が不自由になったとき、介護士として世話をしてくれるのはその子ら。またそうでなくても、大事な世の中の仕組み、世界を変える大発明をしてくれるのかもしれない。日本の国を立派にマネジメントしてくれるかもしれない。

次世代の人間社会を作っていくのは子どもたちなのだ。

今日はそうした、子どもの日、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことが趣旨とされているが、筆者はそれにこう付け加えたい。

「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、大人が社会全体で健全なこども育成していく必要のあることを認識しつつ、母に感謝する」

-ニュース関係

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

安倍晋三の読みは当たらない!~公的年金支給開始70歳以上は無理!~

 2月16日に行われた閣議で、公的年金の受給開始を70歳を超えた時点も選択できるようにする方針を盛り込んだ高齢社会対策大綱を決定した。これを受けて、厚生労働省は2020年度中にも関連する法改正を目指し …

no image

IR実施法成立 ~統合リゾートは縮小していく日本のカンフル剤になるか~

 西日本で豪雨災害が起こり対応に追われているさなか、世間を騒がせて来ていた、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)実施法が成立したとのニュース。いろいろな意見や思いが交錯した週末であった。 200人以 …

no image

はれのひ株式会社騒動に学ぼう~経営者の過ちをただすのは誰の役目?~

■ はれのひ株式会社騒動 成人式の日に振袖の着付けを予約していた客を何の連絡もなく無視して逃走した晴れの日株式会社が破産手続き開始の決定をとることとなり、昨日記者会見を行った。 負債総額は約6.35億 …

no image

”女性と仕事”でググってみた。 ~家庭と仕事の両立とかワークライフバランスってほんとにできるのか~

■ ”女性と仕事”で検索したら この記事が目についた。 (フランス女性はなぜ仕事を続けられるのか 「母親の仕事」がやたら多い日本と大違いhttp://toyokeizai.ne …

no image

日本の年金制度はもう破綻しているのではないのか ~お粗末極まる再委託事件~

 日本年金機構が約500万人分の受給者のデータ入力を委託した東京都豊島区の情報処理業の会社が本来なら禁止されているはずのほか業者への再委託を行っていたことが明るみになった。しかもその業者が中国の業者で …