ニュース関係

少子高齢化社会のなかでの「こどもの日」 ~子どもはだれが育てるのか~

投稿日:

 今日は2018年のこどもの日。

去年だったか、「珈琲と人」という古民家カフェが子供連れ入店禁止措置を取りツイッターが炎上した事件があったことについてこのブログでも書いたことがあった。

この現象や、「保育園落ちた日本死ね」事件を見ても分かる通り、子育てが困難になっている事象がだんだんあらわになってきているような気がする。いくら保育園をたくさん作ろうとも、いくら保育士の給料を上げようともそんなこととは関係なく子育ては困難になっていくだろうと思う。なぜか。

子どもを産むのは母親だが、その子どもを育てていくのはその母親だけではないということをもう一度考え直してもらいたい。そして育った子どもは、その母親のためだけに生きて働くのではないということ。

母親、保育園、幼稚園、こども園の先生、おともだち、近所のおじさん、おばさん、おにいさん、おねえさん、親戚のおじさん、おばさん、いとこ、小学校の先生、中学校の先生、友人たち、高校の先生、友達・・・・

こどもたちに接する機会のあるすべての人たちはその子に何らかの影響を与えその影響を受けて子どもは育っていく。

そして、やがて世の中のために、何らかの役に立つ人として社会に巣立っていく。
こうして考えると子どもは社会全体で育てているともいえる。だから、健全な子どもを育成するにはどうすればいいか、みんなで連携をとっていく必要があるのだ。

こうしたことをあまり考えずに、子どもの犯したちょっとした不始末をすべて親の責任にして「バカ親」などとネットで毒を吐き散らすことが何の役に立とうか。

我々親の世代が年を取って、体が不自由になったとき、介護士として世話をしてくれるのはその子ら。またそうでなくても、大事な世の中の仕組み、世界を変える大発明をしてくれるのかもしれない。日本の国を立派にマネジメントしてくれるかもしれない。

次世代の人間社会を作っていくのは子どもたちなのだ。

今日はそうした、子どもの日、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことが趣旨とされているが、筆者はそれにこう付け加えたい。

「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、大人が社会全体で健全なこども育成していく必要のあることを認識しつつ、母に感謝する」

-ニュース関係

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【厚生労働省不正統計調査問題】破綻した行政の末期症状 ~終焉を迎える厚生労働省~

 厚生労働省は、1月11日『毎月勤労統計調査において全数調査するとしていたところを 一部抽出調査で行っていたことについて』という文書を発表、「500 人以上規模の事業所」については全数調査するとしてい …

no image

【レーダー照射】韓国との解決しない問題 ~相手の立場はどの程度尊重すべきか~

防衛省が公開したP1からのレーダー照射の動画はこちら https://www.youtube.com/watch?v=BXN-OMBfBUI これに対し、、 韓国が反論動画を公開した。 https:/ …

no image

韓国艦艇からの火器管制レーダの照射をうける。~なめられた日本の現実~

 年末最後の大騒ぎネタともいうべき事件が発生した。海上自衛隊のP1哨戒機が韓国海軍の艦艇から火器管制レーダーの照射を受けたというのだ。  防衛省では、この時のVTRも公開し日本側の正当性を主張した。こ …

no image

森友学園問題にがっかり ~健全な政治は程遠いな~

 森友学園問題は、籠池氏の逮捕や、佐川氏の辞任で、収束するかと思いきや全く収束する気配を見せない。現在焦点は文書の改ざんをし、自殺者2名まで出てしまった財務省の責任問題になってきており、それをだれが被 …

no image

「珈琲と人」未就学児お断り事件に一言申し上げたい。

業種は違うが、こういう店もある。   ■古民家カフェが「子連れ入店禁止」措置でネット炎上 岡山県の総社市にある古民家カフェ「珈琲と人」の件で現在ネットがにぎわっているのをご存じだろうか。 こ …