ニュース関係

少子高齢化社会のなかでの「こどもの日」 ~子どもはだれが育てるのか~

投稿日:

 今日は2018年のこどもの日。

去年だったか、「珈琲と人」という古民家カフェが子供連れ入店禁止措置を取りツイッターが炎上した事件があったことについてこのブログでも書いたことがあった。

この現象や、「保育園落ちた日本死ね」事件を見ても分かる通り、子育てが困難になっている事象がだんだんあらわになってきているような気がする。いくら保育園をたくさん作ろうとも、いくら保育士の給料を上げようともそんなこととは関係なく子育ては困難になっていくだろうと思う。なぜか。

子どもを産むのは母親だが、その子どもを育てていくのはその母親だけではないということをもう一度考え直してもらいたい。そして育った子どもは、その母親のためだけに生きて働くのではないということ。

母親、保育園、幼稚園、こども園の先生、おともだち、近所のおじさん、おばさん、おにいさん、おねえさん、親戚のおじさん、おばさん、いとこ、小学校の先生、中学校の先生、友人たち、高校の先生、友達・・・・

こどもたちに接する機会のあるすべての人たちはその子に何らかの影響を与えその影響を受けて子どもは育っていく。

そして、やがて世の中のために、何らかの役に立つ人として社会に巣立っていく。
こうして考えると子どもは社会全体で育てているともいえる。だから、健全な子どもを育成するにはどうすればいいか、みんなで連携をとっていく必要があるのだ。

こうしたことをあまり考えずに、子どもの犯したちょっとした不始末をすべて親の責任にして「バカ親」などとネットで毒を吐き散らすことが何の役に立とうか。

我々親の世代が年を取って、体が不自由になったとき、介護士として世話をしてくれるのはその子ら。またそうでなくても、大事な世の中の仕組み、世界を変える大発明をしてくれるのかもしれない。日本の国を立派にマネジメントしてくれるかもしれない。

次世代の人間社会を作っていくのは子どもたちなのだ。

今日はそうした、子どもの日、「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」ことが趣旨とされているが、筆者はそれにこう付け加えたい。

「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、大人が社会全体で健全なこども育成していく必要のあることを認識しつつ、母に感謝する」

-ニュース関係

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

縮小していく社会の「公共」を考える  ~「新しい公共」の試み シェアリングエコノミーの行方~

このブログで何回も書いているように、これから日本の人口は減少いていき、高齢者が増え、労働人口は減り、公共のお金はどんどん無くなっていく。確実にやってくる未来だ。 平成29年版人口減少社会の課題と将来推 …

no image

財政改革で一番損をするのは誰か?~社会保障費が減らされる!~

■ のんびり議論している場合ではないほどのひっ迫具合 このブログ(消費税増税は嫌に決まっている)でも以前書いたが、国の財政改革で最も必要とされているのが増え続ける社会保障費の削減だ。 社会保障費という …

no image

炎上狙いで歴史云々言うな! ~ポスト真実物書き似非評論家を糾弾する~

新春早々腹立たしい記事を見てしまった。かねてはいちいちこんなものに反応しないのだが、ちょっと書かせていただく。これも世の中がおかしい方向に行っている一つの現象か? 皆さんこれをご覧いただきたい。 「西 …

no image

IR実施法成立 ~統合リゾートは縮小していく日本のカンフル剤になるか~

 西日本で豪雨災害が起こり対応に追われているさなか、世間を騒がせて来ていた、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)実施法が成立したとのニュース。いろいろな意見や思いが交錯した週末であった。 200人以 …

no image

雇用政策のやる気のなさ、ここに極まる。 ~障害者法定雇用率水増し問題と働き方改革~

中央省庁や地方自治体による障害者雇用率の水増しが発覚し、経済界を中心に怒りの声が広がった。普通に働くサラリーマンには身近に感じられない問題であるが故、大きな炎上等の流れにはつながっていないようだが、こ …